rr

れいりえ中心に大好きな音楽とかストレートに書くよ

9/28アイドル魂なだれ坂ロックLIVEスペシャルin渋谷WWWXレポ!

84です

9/28アイドル魂なだれ坂ロックLIVEスペシャルin渋谷WWWX

に行ってきました!

 

御目当ては、もちろん、、、

 

The Idol Formerly Known As LADYBABY!!!!


場所は渋谷に新しくできた WWW X

 

f:id:halcy0n_days:20160929191113j:image

f:id:halcy0n_days:20160929191048j:image

 

ライブ前はほんとに楽しみでなかなか寝られないんだけど、そんな深夜に金子理江ちゃんがこのツイートをしてくれて!!

 

もう嫌が応にも期待が高まったよね!!!(最後の「多分」が、すこし気になったけどw)

 

f:id:halcy0n_days:20160930013118j:plain

 

正直9/17の復活ツーマン以来の久しぶりの現場で、(といっても2週間だけどw)メジャーデビュー発表以降のアキバカルチャーズでのなだれ坂ライブ、幕張メッセでのアットジャムに行けず、しかもメジャー級のグループとの対バンということで完全に舞い上がってましたねw

現場に開場30分以上前に着いた時点で長蛇の列で、しかも明らかに客層がいつものLADYBABYのライブとは違ってて、、


ちょっと怖いかも、、

実はLADYBABYの現場は本当にみんな若い子たちばかりで(れいりえのファンのJKやJD、若い社会人が本当に多い、しかもみんな綺麗で可愛い、これほんとだから!!!)それに慣れきってしまっていた自分に思わず苦笑いしたw

 

 

 

以前主現場だったBABYMETAL界隈のメイトの皆さんも比較的年齢層高い印象だけど今日の人たちは更にとても真面目そうで話しかけようとしてもなかなか取り付く島がなくて、きっと彼らにとってこれは普通の景色で、舞い上がってる自分の方が滑稽だったんだろうなと、

 

待ってても若干のアウェイ感があって、いつもの顔見知りのファンがいないし、れいりえは普通にこれからメジャーでこういう観客を相手に勝負するのか〜と不安と期待が入り混じった複雑な思いで待っている時に、運良くれいりえとミキティが関係者入り口から入るところに気がついて手を振ったんだけど、まわりの誰も気がついてなくって、その出来事が更にアウェイ感を強く感じさせてくれた

 

入場はA→Bの整番順で、一次先行がAで二次先行がBで、係員の方に聞いたらAは300番超えるくらいでBも200番欠けるほど、当券でると言っても結構パンパンになるなあ〜と、予想してて、

 

自分はB40だったのでなかなか中に入れずにそわそわしながら待ってて、でもLADYBABYの出演告知がきたのは一次先行が終わった後だったしまあ、仕方ないかなあなんて思いながらまだかなまだかなと、仲間と話しながら待ってた

 

そしてやっと呼ばれて、、階段を一気に4階まで上がる、、

 

4階まで一度上がってから中で階段を下って2階のライブスペースに行く感じ

 

階段を4階が意外ときつい、、

 

でも今まではカテゴリー的に地下アイドルだったしイベントも地下が多かったから文字通りメジャーデビュー(地上)した感じをリアルに実感だねなんて話しながらw

 

4階のフロアにつくといつもの見慣れたマネージャーさんやスタッフさんがいて、みんないい笑顔してて!自分も階段を上がりきったし、正に地上じゃん!って謎のハイテンションだったからそんな感じでマネさんと話したんだけど、

その時にわかったのはやっぱり今日のこの感じが結構同じだったのが印象的で、

 

84「お疲れ様です!ついにきましたね!そして、このアウェイ感w」 

マ「今日は完全にアウェイな感じだよね」

84「ですよね!」

マ「久しぶりのこのアウェイな感じ懐かしいですよ、、2人(れいりえ)にはこういう場が必要なんです、、」

84「なるほど、、、(沁みる)」

 

去年1年苦楽を共にしてきてるからこそ言える言葉、1年間地下アイドルとして活動して地上波にも出演したりある程度の知名度を獲得して遂に念願のワンマンを成功させて、さあ、これからって時に謎の充電期間に入ってしまって、、

5ヶ月後、やっと復活したと思ったら衝撃のセンターメンバーのビアちゃんの脱退!ある意味凄い牽引力と大きなインパクトを失っても尚、成長するためにれいりえが選んだメジャーデビューという試練の第一歩を踏み出す今日のこのライブに向けて重ねる思いを現場で共有できてほんとに嬉しかった!!

 

 そして中に入って半券もぎ取られる際に必ず聞かれる「御目当てのグループは?」に対して、実はきちんと正式名称で言ってみたいと密かに考えててw

でもいざその時になったら、、「ジ、アイ、、、、」

ごめん、やっぱり言えなかったわwww、次こそリベンジ!!

ホールに入ると開演まで1時間以上あるのにすでにびっしりで、そして見えるのは明らかにおじさん達の背中、背中、それはまさしく壁、、そして、

 

とっても汗臭いいいいい!!

 

いつものLADYBABYの現場を包んでいるあの いい「匂い」から忘れていたあの 汗の「臭い」になってww

しかもオタクとして年月をかけ積み重ねた厚みが違う、、、存在感が違う、ここでも不安が襲ってきて、めっちゃ怖いわ、、この人たちにれいりえのパフォーマンスが刺さるのかな〜ってすごい思っちゃって、、

 

 そして転換の時間も短そうだしライブ中もみんなと結集して盛り上げるのは難しそうだなぁ〜なんて思いながら、、ドキドキしながら開演を待ってた

 

待機中に周りのオタクたちが今日の演者についてトークしてて、大半は自分達の推しのグループの話なんだけど、たまにLADYBABYの名前もちらほら聞こえてきて、その時ばかりは耳をダンボにして聞いてたw

 

気になった会話(ツイートしたやつの補足版)

 

A「今日LADYBABYってグループでるね」(おっ!)
B「レディゲイだっけ?」(ちげーよ!)
C「強烈な外人がいるんだよね?」(そこ過去形な、いたが正解)
A「そのセンターが抜けて」(そうそうわかってるね!)
A「本来ならこういう場所でやるグループじゃなかったんだけどね」(なるほど〜、そういう認識ね〜)
B「2人めっちゃかわいいよね」(わかり手???)
A「いいよね」
C「でさ〜」(終わりかよ!)


印象的だったのは彼らがかつての3人体制のLADYBABYのことを良いとか悪いとか好きとか嫌いと言った主観ではなく『本来ならこういう場所でやるグループじゃない』という認識で分類・区別してたということで、つまり彼ら正統派アイドルのファンから見たらかつてのLADYBABYは同じステージに立つことも憚られる存在と認識されてたんだなあって、

あの時のLADYBABYのスタイル自体が良いとか悪いとかじゃなく、やはり一般的な(そもそも一般的とは何かと言った議論はいったん置いといて)受け止められ方ってそうだったんだなあ〜って改めて思って、、

つまりそれこそがかつてのLADYBABYのストロングポイントであり自分的には大好きだったところでもあったし、でも逆にウィークポイントでもあって、、


事実、メジャーデビューするLADYBABYのれいりえがいわゆる正統派アイドルとして認識してもらいつつあるなぁってことは普段の自分のTLを眺めてても感じていたことだったし、同じステージに立つことが今日のこの場で他のグループのオタクの彼らに違和感なく認めてもらえてることが、なんとなく自分が思い描いていた印象を裏付けてくれて、何気ないこの会話からそのことが読み取れたのでそれはほんと素直に嬉しかったなあ、、

 

いよいよ開演!

 

客電が落ちてオタク全員が「うおおおおーーーーー!!!!!」って一気に会場のテンションがブチ上がって、各グループのアー写がスクリーンに大きく映って影ナレの煽りと共に流れてて、当然みんな推しのグループの時はそのグループのオタクがものすごい勢いで湧くんだけど、実はLADYBABYのアー写がほんとに映るのか謎の心配してたwでも遂にあの水野しずさん曰く「白米」と言われたあのアー写が!

 

f:id:halcy0n_days:20160930122059j:plain

ドーーーーーーーーン!!!!!!

 

LADYBABYーーーーーー!!

 

その時の様子はやっぱりというか想定内というか、、、


え、、、


ちょっと声少なくない?

明らかに、、

しかも自分が声をあげたら周りのオタクが少し斜めに振り返る、あの感じぃぃぃ、

 

あ、なんかヤバいな〜(´・_・`)

今までの地下アイドルとの対バンのゆる〜くみんなで楽しもうって感じのフロアと違って、がっちりとポジショニングされて身動きが取りづらくって散り散りになったLADYBABYオタがあの密度と圧迫の中で四散しながらも悲鳴にも似た声を上げたあの一瞬は忘れられないw

そして、O.AのDEAR.KISSさんからレベルの高いパフォーマンスでちょっとびっくりしてw

 

さすがメジャーや!!!!!

 

アイドルネッサンスさんも素晴らしくって、、いよいよLADYBABYの出番になったけども、他のグループのオタクの方達が全然動かない、てか見届けてやろうって感じで山のように動かないの、、何。

 

 


結局、前にも後ろにも行かなくってそのまま待機するしかなくって、どうしようかなって随分考えたんだけど、周りの厚い壁に阻まれてw  つまり動けなかった、、

 

そしてついに、、

 

 LADYBABY 

 

キターーーーーーーー!!!!


れいりえが純白のあの素晴らしい本当に素晴らしいステージ衣装を纏って下手からスーッと出てきた。それだけでちょっと泣いた。( i _ i )

f:id:halcy0n_days:20160930003922j:plain

ほんとキラキラで!!

ただただキラキラしてて!

この衣装を見るのはワンマンの時以来だったけど、この衣装は何者にも染まらないれいりえの生き様そのものを表現しているように自分では解釈してて、ステージにす〜って現れたれいりえは照明の効果だけじゃなく本当に目がくらむばかりの輝きだった、本当に一度でいいからこの衣装のれいりえのライブを見るだけ見てもらいたいなぁ〜

で、

ポケ〜って見とれてたらそのまま視界不良の良くないポジションのままライブがスタートしてしまった(泣)( i _ i )

 

いつもより控えめのれいちゃんの「いっせいの〜で!」「ニッポン饅頭!」ではじまったけど、あの時、ハンズアップして饅頭を形作ってくれたのは何人いたんだろう?


1曲目はニッポン饅頭 

MCなしで始まって、つべの再生回数から行けば1番認知のある曲だからいきなり最高潮になるかと思った割にはリアクションが薄くって、意外とぶち上がるという印象ではなくって、四散したLADYBABYオタたちがその場その場で戦いを挑んでて(推しジャンしたりフリコピしたり)、となりにいたアイルネオタさんもそんなに沸いてなかったし、、LADYBABYのオタクは自分も含めて多分迷いがあったんだと思う、ちょっと雰囲気に呑まれてた、

 でも

れいりえは全然そんなことなくて呑まれるどころかいつも以上にれいりえで、饅頭はやっぱり最高に楽しかったし、落ちサビではみんなでまわりを巻き込んでのケチャは本当に壮観w

饅頭終わりのMCではりえちゃんが充電期間の微妙なことをうまいこと言って、でも全然皮肉とか感じなくって今までお手並み拝見といった人たちでも思わず笑ってしまってて雰囲気を掴んでさすがだなぁ〜って思った

 
2曲目はセシボン・キブン 

やった!ジュリ扇持ってきて良かったーーー!

 

 

ジュリ扇掲げて沸いてたのは(最前は自分からは見えなかったけど、)見渡す限り自分しかいなくって、でも自分が掲げたジュリ扇を見つけてくれたれいちゃんと目が合った時の嬉しそう表情を見たら持ってきて良かったっなぁ〜って〜(泣)( i _ i )

合いの手を入れやすいこの曲は最初のイントロから上がって行くときに単純にふぅ!ふぅ!ふぅ!言って楽しめるのでそこで少しずつまわりの雰囲気を巻き込んで行けたのよかったなぁ!!!ほんとこの曲の時はおぃ!おぃ!とふぅ!ふぅ!しかいってなかったかもwww

 

 3曲目はSCHOOL OF HARD KNOCKS 

れいりえ圧巻のボーカルで、息を飲んだなぁ、、完全にフロアをねじ伏せた感あったけど、みんなはどう感じてるんかなぁ?って、まわりを伺ってると結構ざわざわしてて、みんな超真剣に見入ってた、

みんなのツイートにもあったけど初っ端の入りの理江ちゃんの自身を削りとるようなボーカルかられいちゃんの鳥肌チキンボーカルが炸裂して、完全にフロアを圧倒してて、この曲聞けて本当に幸せだった、自分的には理江ちゃんのボーカルがとても印象的で凄かった、、アルバムに収録されてるのとは全くの別物に進化してて、落ちサビのアカペラがもうほんと今までの2人の思いが込められてて、2人が見てきた景色が思い浮かぶような神がかったボーカルで、誰も変な合いの手を入れないし微動だにせず聴き入ってたし、多分この曲はLADYBABYの代表曲になると思うし自分は泣いたなあ( i _ i )(何回目)、、


4曲目はオニギリック・リヴァイヴァー

 この曲聞くのは2回目で相変わらずノリが良くってめっちゃかっこいい!!!!

個人的には振り切った振り付けが好きで、途中の激しくステップを踏んでる2人がほんと妖精感MAXで大好きw

これ、マジで音源が本当に楽しみすぎて、11月30日のメジャーデビューシングルに嫌が応にも期待が高まったなぁーーーー!!!!

 

 

最後の曲は蓮華チャンス!

 アゲマネくるかなぁ?って思ってたけど、、メタルっぽいこの曲をもってきて、爆上げ狙ったのかな!ここでヘドバン曲!拍子が変わる難しいところもあったけど、もちろん全力でヘドバン&ケチャですよ!!!!

メタルからの萌え要素満載のこの曲はそのギャップがめっちゃ最高でほんと可愛くって、特に落ちサビ終わりのれいりえが寄り添うシーンでは会場のそこかしこから「ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーー!!!!」って歓声が上がって!もう、最高によかったよーーーーーー!(んで、この曲聞いて帰りにラーメン食べちゃった人多いはずw)

 

 

 ステージが終わってそのまま平行物販だったので、後のcall meさん、東京パフォーマンスドールさん、Juice=Juiceさんは残念ながら見れてませんw(なので次の機会には必ず行こうと思ってます!!)

 

正直、ライブ中の記憶ってライブが楽しければ楽しいほど言語化するのが難しくって今回もれいりえのライブは当初の懸念なんか本当にちっさいことで杞憂に過ぎなかったし心から楽しんでしまったのでw

MCも終始笑いがあって、本当に楽しかった

でもこれだけは言えるのは、いろんな試練を乗り越えてれいりえの2人で挑むLADYBABYは信じてついていけるなぁってことを再認識したこと

 

これは9/17の復活ツーマンの後の理江ちゃんのツイート

f:id:halcy0n_days:20160930030529j:plain

 

そしてこちらに夏の魔物成田さん達とれいちゃんの対談が載ってるんだけど、ほんとれいちゃんがどんな思いでLADYBABYと向き合ってるのかいろいろわかるんで読んでいただければ〜

 

 

 

あと思ったのがれいりえのMCは本当に武器になるなぁって、、あのアウェイ感に満ちてたフロアをライブの実力も大事だけど、MCで笑いをとれて面白いくってグイグイ引っ張れるのってすごいことで、(MCでりえちゃんが「今日はLADYBABYのファンが少なくって心配してたけどみんなここのお客さんはアットジャムと違ってやさしいいぃぃぃ!」って言ってて、(爆))

これもなだれ坂ロックの収録で鍛えられてるってのもあると思うし、元々の潜在能力とか裏表ない性格がいいんだろうなぁってw

 

吉田豪さんも一目置いてくれてるし!!!!!

 

 

だからりえちゃんはバラエティにも引っ張りだこだし、れいちゃんはこないだゆうこすとゴースト&スターズっていうトークイベントを打って大成功させたしほんと2人は素晴らしいなって!

 

ちなみになだれ坂はこんな感じーーー!

 

 

 

 

そしてゆうこすとのトークイベントーーーー!

 

 

 特典会!!!!

 

特典会は4階のフロアでやったんだけどあの純白の衣装で、その姿をゼロ距離で見れるだけでも泣けるのに、握手、トークで本当に充分すぎるくらいゆったり 時間をとってもらえてみんな剥がしを気にすることなく本当にれいりえと思い思いを語り合ってて、れいりえの2人も何かを警戒したり緊張したり気負うことなくリラックスしててほんとに楽しそうでw(そんな中10ループした強い子もいて、本当にびっくりしたw)

f:id:halcy0n_days:20160930040303j:plain 

自分の時はMCでりえちゃんが言ってたアットジャムのこととか詳しく話してくれたり、ライブをどうやって楽しんでほしいかとか、普段なかなか聞けないようなこともじっくり話してくれたのでほんと楽しかった〜、

れいちゃんとは前日にあやちゃんも発表してくれたESPとエンドース契約の話とか、やっぱりライブをどうやって楽しんでほしいって思ってるのか話してくれたり、でも一番は夏の魔物に行けなくなってしまったってことを直接伝えられたことが良かったかなぁ〜(あ、れいちゃんの髪色について言うの忘れた、)

 最後

復活2マンライブのレポをかかないでなだれ坂ライブのレポ書いたのは実は自分でもよくわからなくて、多分夏の魔物に行けなくなった思いを消化するのに必要なことだったってこともあるし、加えてメジャーデビューして最初の関門という認識もあって、(事実なかなか険しい現場だったかも)でもれいりえは臆することなく全力で現時点での最高のパフォーマンスで応えてくれて、結果他のグループのオタクやファンの方達に爪痕は残せたんじゃないかな、って思ってて、

 

れいりえが思い描くその先に見える景色を絶対に一緒に見たいと思ってるし、置き去りにされないように全力でついていきたいという思いで、書いちゃったんだろうなぁ!

 

ふふふふ、最後書いててSCHOOL OF HARD KNOCKSの歌詞みたいになっちゃってたw、でもほんとにその通りだと思ったので、、

 

これってれいりえからの信じて待っててくれたファンへのメッセージだと勝手に思うことにしてるんだけど、この歌ほんと好き!!

  

本当に大切な場所は

人それぞれだしおかしなことじゃないから

俯かいないでちゃんと前向きなよ

果てない世界へ

今連れていくから

信じて  ついてこい!

 

 

 

※最後に駄文で本当に申し訳有りません、ここまで読んでいただけてほんとにありがとうございます、( i _ i )